「お金がない」時の強い味方!誰でも融資可能な金融業者

 

「お金がない」そんな時の対処法とは?

『空からお金が降ってこないかな』なんて思った事はありませんか?
●友人の結婚式が重なってご祝儀貧乏
●給料が下がってしまった
●飲み会の誘いを断れずに金欠状態
●ママ友とのお付き合いを断れない
●ボーナス前なのに欲しいものを見つけてしまった。

 

『お金がない!』『お金が必要だ』と思う瞬間というのは人ぞれぞれ。
生活するのにいっぱいいっぱいで急な出費に対処できないという方も多いと思います。

 

毎月の給料額は変わらないのに出費って毎月額が違いますよね。

 

いつもワガママを聞いてくれる友人に『お金貸して』と言いたいけど関係が壊れてしまいそう。
『こいつお金にだらしないヤツなんだな』と思われるかもしれない。

 

親に『援助して欲しい』と御願いしたいけど、『何かあったのか』と心配されるのも嫌だし…

 

第一、『お金の悩みなんて自分以外の誰にも相談したくない!』と思っている人がほとんどなのではないでしょうか。

 

生活の中でいくら食費を削っても、飲み会を断っても、付き合いを断っても『お金がない』という場合の強い味方として、消費者金融や銀行カードローンがあります。

 

『誰にもバレずにお金のピンチを解決したい』と思っているなら是非最後までお付き合いください。

 

キャッシングって自分以外の人間にバレてしまわないのか?

お金の問題を解決するにあたり、役に立つのがキャッシング。
審査の過程でキャッシング申し込みしたことがバレてしまうのでは?と不安な方が多いようです。

 

審査の過程ではどの金融業者でも審査を行っています。
『職に就いていて安定した収入を得ているかどうか』というのがキャッシングを利用する上で最低条件となります。

 

きちんと働いているかどうかについて調べるには、スタッフが申請した会社に電話をかけてあなたが本当にその会社に在籍しているかどうかを確認するのですが、
『職場に電話を掛けられて自分以外の人間に電話対応されたらバレるじゃないか』と不安になりますよね。

 

しかし、在籍確認電話の際は、プライバシーを考慮し、会社名を名乗ることなくスタッフの個人名を名乗って電話がかかってきます。

 

もしあなたが電話に出れない場合でも『●●は本日休んでいます』『ただ今席を外しております』など在籍しているという事さえわかれば在籍確認は終了します。

 

職場にキャッシング経験者がいる場合もあるでしょう。
『いつもあいつ宛に電話がかかってくることなんてないのに…さてはキャッシングの在籍確認だな』と勝手に推測されてしまう危険があります。

 

その場合の対処法としては『新規で保険の契約をしたので私宛の電話があると思います』や『クレジットカードの勧誘に負けて作っちゃったので在籍確認電話がきます』と自ら言っておけば誰も【キャッシングの在籍確認電話】だとは思わずに乗り越えることが出来ますよ。

 

審査に落ちた場合に考えられる理由とは?

 

キャッシングの申し込みをしたら審査に落ちたくないと思うのは全ての方が思っていることだと思います。

 

しかし、『キャッシングの申し込みをしたのに審査に落ちた』という声は存在します。

 

まず、キャッシングを利用するには年齢制限がありますので、申し込みするキャッシング業者に目星を付けたら、公式サイトなどで年齢制限の確認をしましょう。

 

『審査に落ちたのは正社員じゃないから?』と思っている方もいるでしょう。
キャッシングの審査に通る条件として重要なのは、先ほども申し上げましたが『職に就いて安定した収入を得ている方』に限ります。

 

ほとんどの金融業者では、アルバイトやパート、派遣社員であっても上記の条件を満たしていれば審査に通る可能性は高いと言われています。

 

ではなぜ審査に落ちてしまったのか、考えられる要因について詳しく解説していきましょう。

 

●在籍確認がうまくいかなかった。
仕事が休みの日にキャッシング申し込みをするという方もいるのではないでしょうか。
多くの金融業者では審査の際の在籍確認を電話で行っています。
あなたがお勤めの会社が「従業員の数が多い」「部署ごとに電話番号が違う」「電話対応する部署の人間を知らない」なんてことはありませんか。

 

従業員数が多いと、電話対応した人間が従業員一人ひとりを把握していないかもしれません
『そのような人間はおりませんが…』と言われてしまえば在籍確認が取れなくなってしまいます。

 

もちろん、一度の在籍確認電話でそう言われたからといって審査に落ちるという事は考えにくいのですが、何度も電話をかけてそういわれてしまえば在籍確認が出来ないという事になります。

 

自分の存在を把握している人間がいる部署に電話があるのでしたら代表番号以外にも部署の電話番号や内線番号などを伝えておくとスムーズです。

 

●勤続年数が短すぎる
転職したばかりや就職したばかりの頃は給料日の兼ね合いがうまくいかずに金欠になることってありますよね。

 

そんな時にキャッシングを利用したいと思っても、審査の段階で勤続年数が短すぎる場合は『安定した収入を得ている』とは認められない可能性もあります。

 

在籍確認の電話でも把握されずに在籍確認が出来ないという事態にもなりますので注意しましょう。

 

いくら大企業に転職・就職してこれから稼ぐとはいえ、面接を受かっただけでキャッシング申し込みをしてしまうなんてことは危険です。

 

●申し込みの時点でウソがばれた
審査に落ちる原因として最もしてはいけないのが『ウソの申告をする』ことです。
とっくに辞めている会社を『見栄えが良いから』などの理由で記載しても在籍確認の電話でバレてしまいます。

 

働いてもいない大企業の名前を記載しても在籍確認を行わない金融業者は無いですから、すぐにばれてしまいます。

 

そして、『他から借り入れをして返済中』であるのにも関わらず『他社からの借り入れ0』で申請するというウソ。

 

これも確実にバレると思ってください。

 

金融業者というのは、個人の金融情報を信用情報機関に問い合わせて調べることが出来ます。
これは金融情報を共有するものですから、あなたが今、他から借り入れを行っているという情報も得ることが出来るのです。

 

●複数の会社に同時に申し込んだ
キャッシング初心者にありがちなのがこのミスです。
他社からの借り入れが信用情報機関でバレるのと同様に、あなたが今どの業者に申し込み中かという情報も共有されています。

 

一度に複数の会社に申し込んでいる場合『よっぽどお金に困っている』と判断されてしまい『返済が困難である』と判断されてしまう場合があります。

 

2社だけでも審査におち【申し込みブラック】となってしまうと、半年程度はどの業者に申し込んでも審査に通らなくなってしまうので注意しましょう。

 

融資希望額によって消費者金融と銀行カードローンを使い分けよう

 

ひと昔前なら、肩書きや職種などによってはいくらでも借り入れが出来たと言う方が居ました。

 

しかし2006年に貸金業法が成立し『総量規制』というものが出来ました。
総量規制というのは、債務者への過剰貸付を防ぐために債務者が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた規制の事を言います。

 

年収300万の方なら100万以上の借り入れが出来なくなったのです。

 

『車が欲しい』『結婚式費用を用意したい』という目的も場合、この総量規制がネックになるという方も多いと思います。

 

総量規制の対象となるのは、『消費者金融』『信販会社』『クレジット会社』です。

 

銀行カードローンの場合は『銀行法』が適用となり、総量規制の対象とはならないので高額融資を希望される場合は消費者金融よりも銀行カードローンの申し込みを検討するほうが良いと思います。

 

今消費者金融からの借り入れで総量規制の上限まで借り入れがあっても、銀行カードローンなら新規で借り入れできることもありますから検討してみましょう。